脳梗塞を41才で体験して > 脳梗塞になる要因 > 高脂血症

脳梗塞になる要因

高脂血症

各種の血中脂質が正常範囲を超えている状態が高脂血症

糖尿病と合併すると、脂質の変性が進み、動脈硬化を起こしやすい。


血中脂質の基準値

総コレステロール
150〜219mg/dl=(正常)
220mg/dl以上=(高コレステロール血症)

中性脂肪
50〜149mg/dl=(正常)
150mg/dl以上=(高中性脂肪)

LDLコレステロール
70〜139mg/dl=(正常)
140mg/dl以上=(高LDLコレステロール血症)

HDLコレステロール
40mg/dl以上=(正常)
40mg/dl未満=(低HDLコレステロール血症)

善玉といわれるHDLコレステロールの値が低い人ほど、脳梗塞を発症しやすい。

LDLコレステロールの値が高い人は、アテローム血栓性梗塞になりやすい。


血圧・血糖値が気になる方へ

<<糖尿病 | 脳梗塞を41才で体験してトップへ | ストレス解消>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。