脳梗塞を41才で体験して > 脳梗塞になる要因 > 高血圧

脳梗塞になる要因

高血圧

脳梗塞は突然起こる病気ですが、しかし、脳梗塞になるには、長年の生活習慣が影響しています。高血圧は最も危険な要因です。
血圧が高くても、普段自覚症状はありません。高血圧は動脈硬化を引き起こすもとです。
動脈硬化は、血管の内壁が、長い間高い圧力にさらされて傷つき、傷ついた壁に血液中のコレステロールが入り込み壁を厚く変化していくことです。

正常血圧 = 収縮血圧が130mmHg未満、拡張期血圧が85mmHg未満
高血圧  = 収縮血圧が140mmHg以上、拡張期血圧が90mmHg以上

高血圧の要因
・食塩のとりすぎは血液中の水分量を増やして、血液量の増加になる
・血管の硬さは血管が広がりにくく抵抗が増す(動脈硬化)
・糖や脂質を過剰に含む血液は粘りが出て、流れにくく大きな圧力となる
・ストレスにより血管が収縮し、血液が流れにくく圧力を生む

血圧・血糖値が気になる方へ


<<退院その後 | 脳梗塞を41才で体験してトップへ | 糖尿病>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。