脳梗塞を41才で体験して > 脳梗塞の体験 > 脳梗塞になる前

脳梗塞の体験

脳梗塞になる前

脳梗塞になる前には、その徴候があると言われています。
私の場合もあった。

突然、めまいと吐き気がし、体が重たく動けないなる状態が10分程続いた後、元に戻る。という状況が3ヶ月程前より数回ありました。それで、病院で診てもらったのですが。

めまいと吐き気がしたので、病院に行った。内科でした。CTでは異常なく、3日程点滴をし、原因不明のまま退院しました。念のため、脳を診る為、MRIのある病院を紹介してもらって、MRI検査をしましたが、異常がないという結論でした。

今思えば、脳の血管が詰まった時にめまいと吐き気がし、10分程後に血管の詰まりがなくなり、元に戻るということだと思う。なので、元に戻った状態でMRI検査をしても異常はどこにも出ないのではと今は考えています。

その時に、こういう事が分かっていれば、血管の詰まりをできるだけ無くす方法が取れたはずです。水分を多く取るとか納豆を食べるとかでサラサラ血液にする、血液の流れを良くするとかすれば、脳梗塞の発症はなかったのでは・・・・
40才台で脳梗塞など考えた事はなかった。

発症を防ぐには、1番は水分摂取(通常2リットル/日)、その次に適度な運動、それで食事(納豆とか)と思っています。


<<脳梗塞になった | 脳梗塞を41才で体験してトップへ | 入院中>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。