脳梗塞を41才で体験して > 脳梗塞とは > 血管の詰まり方

脳梗塞とは

血管の詰まり方

血管の詰まり方

アテローム血栓性梗塞
脳の太い血管が詰まって起こる。
血管壁に沈着したアテロームと呼ばれるかたまりが破裂すると、これをふさぐために血小板が集まって血栓をつくります。この血栓が血管を詰まらせてしまいます。


ラクナ梗塞
脳の細い血管が詰まって起こる。
脳の細い動脈の血管壁が厚くなって内腔が狭まり、血流が途絶えるために起こる脳梗塞です。症状は比較的軽く、梗塞が起きてもまったく症状が現れない場合もあります。(無症候性脳梗塞)。本格的な脳梗塞を起こす危険が高いです。


心原性脳塞栓症
心臓でできた血栓が流れ着いて起こる。
心臓内に生じた血栓が脳の動脈に流れ着き、血管を詰まらせてしまうために生じた脳梗塞です。突然、脳の血管がふさがれてしまうため、発症時にいきなり重い症状が現れることが多い。

<<壊死する部位による症状 | 脳梗塞を41才で体験してトップへ | 歯周病が脳梗塞の原因になることも>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。