脳梗塞を41才で体験して > 脳梗塞とは > 壊死する部位による症状

脳梗塞とは

壊死する部位による症状

壊死する部位による症状

右脳と左脳

左脳が主に担っている働き
言語機能(言葉を話す、理解する、読む、書く、理論的・分析思考計算など)

右脳が主に担っている働き
図形や空間の認知、直感的な思考、音楽など、芸術に関する能力、情緒的な感情など


脳の構造と役割

大脳
脳の中でもっともおおきな役割を占める。とくに大脳の表面(大脳皮質)は、記憶や複雑な思考など、人間ならではの高次の機能に深くかかわります。

間脳
脳幹と大脳をつなぐ役割を果たしていると同時に、自律神経やホルモン分泌など中枢として働く。

脳幹
心拍や血圧、呼吸機能のコントロールなど、生命維持に欠かせない働きをもつ。

小脳
姿勢や歩行など、運動機能を調節、記憶するところ。スムーズな体の動きを可能にする。



大脳の機能

前頭前野
脳の各部位から送られてきたさまざまな情報を統合し、思考したり、判断したり、複雑な感情を生み出す。

運動前野
運動情報を統合し、動きを指示する。

運動野
体の各部位に運動の指令を送る。

感覚野
体の各部位から感覚情報を受け取る。

感覚性連合野
感覚情報を統合し、認知・理解する。

視覚野
目でみた情報を受け取る。

視覚連合野
視覚情報を統合し、認知・理解する。

感覚性言語中枢
言葉を理解する。

聴覚野
耳で聞いた情報を受け取る。

聴覚連合野
聴覚情報を統合し、認知・理解する。

運動性言語中枢
言語を話す。書くなど。



<<後遺症 | 脳梗塞を41才で体験してトップへ | 血管の詰まり方 >>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。