脳梗塞を41才で体験して > 脳梗塞とは > 後遺症

脳梗塞とは

後遺症

後遺症

いろんな後遺症がありますが、いくつかの障害が重なる方もあれば、ほとんど後遺症が残らない人もいます。詰まった部位によっても異なります。


運動機能面障害

・片麻痺が残る
・関節の痛みがある
・姿勢を保ちにくい
・食べ物を飲み込みにくい


高次脳機能障害

・言葉が出てこない、理解できない(失語症)
・体の片側にあるものを認識できない(半側空間無視)
・集中力の低下
・新しい出来事が覚えられない
・日常的な動作ができない(失行)
・知っているはずのものが認識できない(失認)


精神面の障害

・うつ状態
・情緒不安定


その他

・排尿障害
・視覚障害
・聴覚障害
・感覚障害

<<脳梗塞とは | 脳梗塞を41才で体験してトップへ | 壊死する部位による症状>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。