脳梗塞を41才で体験して > 脳梗塞とは > 脳梗塞とは

脳梗塞とは

脳梗塞とは

脳梗塞とは

現在、脳卒中全体の約7割が脳梗塞が占めています。
かつては、脳出血が大半でしたが、近年の食生活の変化が考えられています。
脳梗塞で命を落とす人は減少しておりますが、高齢化社会を迎え、患者数は増える傾向にあります。

脳梗塞によって壊死した脳細胞は、生き返ることはありません。
壊死の広がりによっては、死に至ることもあります。

脳梗塞を起こした人の7割は後遺症がみられ、内3割程度の方は介護が必要とするらしい。
発症前と変わらない状態まで回復できる方は2割程度。

<<脳卒中 | 脳梗塞を41才で体験してトップへ | 後遺症>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。