脳梗塞を41才で体験して > 脳梗塞とは > 脳卒中

脳梗塞とは

脳卒中

脳の病気  脳卒中
 
脳の血管が破れたり詰まったりして起こる病気(脳梗塞脳卒中くも膜下出血


脳梗塞 (血管が詰まる)

脳の血管が詰まり血流が途絶えてしまうために、その血流によって養われている脳の組織が障害され、壊死してしまう病気です。


脳出血 (血管が破れる)

長年にわたる高血圧などの影響でもろくなった脳の血管が破れて、脳内に出血する病気です。出血した血液が固まって、周囲の脳細胞に大きなダメージを与えます。


くも膜下出血 (血管が破れる)

脳の動脈が破れ、出血がくも膜下腔に広がる。たまった血液が脳全体を刺激するため、多くの場合、激しい頭痛を起こします。出血原因の大半は、血管の枝分かれした部分にできたコブの破裂によるものです。

<<運動は脳梗塞予防に | 脳梗塞を41才で体験してトップへ | 脳梗塞とは>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。